2017年琉球民謡音楽協会 コンクールの結果

2017年7月1日、2日の二日間、琉球民謡音楽協会コンクールが行われました。

合格された方、合格まで届かなかった方、様々、思いはあると思いますが、皆さま本当にお疲れさまでした。

コンクールの結果を報告致します。

・三線新人賞
協会全体(合格者/受験者):63/79 合格率:80%
大哲会(合格者/受験者):10/12 合格率:83%

・三線優秀賞
協会全体(合格者/受験者):23/60 合格率:38%
大哲会(合格者/受験者):5/9 合格率:56%

・三線最高賞
協会全体(合格者/受験者):23/41 合格率:56%
大哲会(合格者/受験者):9/12 合格率:75%

・大賞
協会全体(合格者/受験者):4/14 合格率:29%
大哲会(合格者/受験者):2/4 合格率:50%
※大東支部の柿木薫さんがグランプリを受賞されました。
※大阪支部の緒方厚さんが大賞を合格されました。

・笛新人賞
受験者は大哲会のみ(合格者/受験者):3/5 合格率:60%

・笛最高賞
受験者は大哲会のみ(合格者/受験者):1/1 合格率:100%
※東関東支部の福山研二さんが合格されました。

・太鼓新人賞
受験者は大哲会のみ(合格者/受験者):1/1 合格率:100%

・太鼓優秀賞
協会全体(合格者/受験者):4/4 合格率:100%
大哲会(合格者/受験者):1/1 合格率:100%

・太鼓最高賞
協会全体(合格者/受験者):2/2 合格率:100%
大哲会(合格者/受験者):1/1 合格率:100%
※大阪支部の山本千加子さんが合格されました。

協会の大泊副会長より審査講評を頂いています。
『新人賞は今回も大変素晴らしかった。よく勉強をしていると感じた。
優秀賞は今回も厳しい結果となった。新人賞合格のおごりがあるのか、勉強不足を感じた。三線の尺、七、八がしっかり当たっていない受験者が多かったので、その辺りもしっかり勉強して欲しい。
最高賞も良い結果だった。
大賞は、久しぶりにグランプリ受賞者が出たことがとても良かった。5年ぶりとなる。
合格者は9月の芸能祭に向けて更に精進してもらいた。
残念ながら合格できなかった方は、来年に向けて精進してもらいた。できるだけ人前で歌う練習をしてもらいたい。』

打ち上げの様子です。

ナークニーの皆さんのライブ

各支部の余興

グランプリ受賞の柿木さん。おめでとうございます。

大工先生、御指導頂きありがとうございました。

毎週のように各支部の出張稽古に出向いて下さいました。本当にありがとうございます。

最後に皆で記念撮影。

お疲れさまでした。9月の芸能祭で皆さんにお会いできることを楽しみしています。

 

藤原