大工哲弘先生、琉球新報社の「宮良長包 音楽賞」受賞

この度、八重山うた大哲会の会主である、大工哲弘先生が琉球新報社より「宮良長包 音楽賞」を受賞されました。


宮良長包といえば、皆様もご存知の通り、八重山出身の沖縄を代表する作曲家であり、「新安里屋ユンタ」をはじめ、「えんどうの花」、「汗水節」など、沖縄の代表曲を作曲した偉大な作曲家であります。

同郷である、宮良長包氏の音楽賞を受賞したことを、大工哲弘先生自身も大変喜んでおります。

また、我が大哲会としても大変誇らしいことであります。

大哲会、会員一同からも心より御祝い申し上げます!

本当におめでとうございます!

 

来る12月10日(月)には琉球新報ホールにて授賞式も執り行われます。

我らが師の、栄誉ある「宮良長包 音楽賞」の受賞を心より御祝いしたいと思っております。

 

以下、授賞式の詳細です。

日時:2018年12月10日(月)  18:30

場所:琉球新報ホール

住所:〒900-8525 沖縄県那覇市泉崎1-10-3

電話:098-865-5253