こんなご時世だからこそ!

新型コロナウイルス感染症の影響で、沢山の公演やイベント、

協会のコンクール・芸能祭も中止になってしまいました。

まさに人類の危機です。

でも、こんなご時世だからこそ、苦難な時代を乗り越えてきた

「琉球芸能」「八重山うた」の真骨頂を発揮する時です!

 

琉球王府時代・大正時代には沖縄でも天然痘が大流行しました。

そんな時にも琉球はこんな琉歌を作って、困難を乗り越えてきました。

 

歌や三味線に

踊りはねしちゆて

きよら瘡のお伽

遊ぶ嬉しや

 

歌意

歌や三線に合わせて

踊りを華やかし、

天然痘のお相手として

遊ぶことの嬉しいことや

 

目に見えない感染症におもてなしをして

上手い事治まって欲しいと願って歌われた琉歌。

 

三線で歌って踊って、新型コロナさんとも上手くやっていこう!

 

こんな時だからこそ、

外出が自粛させられている時だからこそ、

逆にポジティブに考えて、

お家で沢山稽古をしよう!

イタリアのベランダでのコールアンドレスポンスのように、

ユンタを唄って乗り越えよう!

今は「忍耐」の時!

 

皆で頑張ろう!!